digitale bottega cresc blog. Windows7 64bit GpartedでCドライブ容量拡大1 (ISOファイルダウンロードからCD作成まで)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7 64bit GpartedでCドライブ容量拡大1 (ISOファイルダウンロードからCD作成まで)

Cドライブの容量がページファイル、ハイバネーションファイルで圧迫されている。これからアプリをインストールする。さらに、XPモードなど入れたい。となると、上記の2ファイルを移動したり減らしたり、しても足りなくなる可能性があるということで、もともと500GBのディスクを50GBだけCドライブにしていたので、パーティションを変更することにした。

Windowsでパーティションの変更といえば、以前XPのパーティション分割につかった、EASEUS Partition Managerでしょ。と思って、早速最新版は?7への対応は?と見に行った。のだが、非情にも「If your computer is running 64 bit Windows systems, please check Professional or Server editions.」の文。なにぃ!64bitだと有料のProfessionalとか使わなきゃならねぇのかよ!ってことらしい。

んでは、Gpartedではどうだろう。FAQに、Vistaだと起動がおかしくなっちゃって起動しなくなっちゃうよん。けど、How To Geekちゅうサイトで修復方法が出てるよん。って書いてあった。う~ん。7も怪しい。でも、できるかもしれないし、まだほとんど7もアプリ入れてないからだめなら再インストールだ!ということで、試してみることにした。結果から言ってしまえば、7では修復もいらずに起動してしまった。まずは、ダウンロードからCD作成でつまり準備編。

Win7gparted_01.png

こんな感じでドライブはもともとひとつなので、Eドライブを少し削ってCドライブを大きくしたい。

Win7gparted_02.png

まずEドライブの中身がおかしくなってしまわないようにバックアップを取ったり、別のドライブへ退避させて空っぽにした。

これで、準備完了。

前回GPartedを使ったときはPuppyLinuxの中に入っているものを使っているけど、このアプリはLiveCDもある。USBでも起動できるみたいだけど、今後も使うかもしれないということで、CDに焼いておくことにした。

Win7gparted_03.png

まずはGPartedのダウンロードサイトからダウンロードしてこよう。Testedもあるけど、ここはstable(安定版)を選択。

Win7gparted_04.png

gparted-live-0.4.8-1.iso をダウンロード。

Win7gparted_05.png

Windows7ではISOファイルをCD,DVD等へ書き込む機能がついたということなので、試してみる。どうやるのかわからなかったので、とりあえずダブルクリックしてみた。

Win7gparted_06.png

おお、ISOファイルをダブルクリックで、このように「Windows ディスクイメージ書き込みツール」が起動した。

Win7gparted_07.png

特にディスクチェックにはチェックをつけず、そのまま「書き込み」してみた。

Win7gparted_08.png

無事、書き込み終了。っぽい。すごいぞ!Windows7。いや、このくらいできて当たり前か……。でも、記録メディアといえば、「ピ~ギャ~ギャギャギャギャ~」のカセットテープ時代からマイコンを使っているおっさんとしてはちょっと感動。

というわけで、ハードディスクのデータも念のため退避したし、LiveCD版のGPartedも用意したし、これで後はCDから起動してCドライブを拡張するだけ。つづく。

theme : Windows 7
genre : コンピュータ

tag : Windows7 ISO CD作成 GParted

comment

Secre

プロフィール

cresc1973

Author:cresc1973
1973年生まれ。茨城県高萩市出身。千葉県柏市在住。ミニが好き。合唱が好き。こんぴゅ~たが好き。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
blog counter
online counter
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。